フェイスパックイメージ

週イチの炭酸フェイスパックでお肌の奥からスベスベ!

30歳も超えてくるとシミやしわも目立つようになってくるので夜の寝る前の顔のお手入れは必須です。メイク落としのためのクレンジングや洗顔などは言うまでもありませんが、それ以外にも私はフェイスパックを週イチペースで行っています。

その中でも炭酸ジェルパックのフェブリナをかなり愛用しています。なぜそんなにもフェブリナが良いのか?というと、まずヒアルロン酸が沢山含まれているのでフェイスパック効果が高いのと同時に炭酸成分自体がシュワシュワと気持ちよいんですよね。

お肌への浸透マスクとして知名度が高い理由もよくわかります。

ヘタな高額な商品のスキンケアよりもフェイスマスクを使うほうがツルツル美肌を手に入れることが出来るというのも両方を使い比べてみてすごくよくわかりました。

いくらビタミンや栄養分を沢山配合された美容液を使ってもパックほどお肌の奥まで保湿成分と一緒に浸透している気がしないんですよね。

ただ、人気フェイシャルパックといっても高額な商品であることは間違いないので、こちらのプロのメーキャップアーティストの方が記事でも書かれているようにホットタオルとマッサージを同時に行うことで出来るたるみ対策なんかもおすすめですね。
メイクで出来るたるみ対策まとめ | RIKAE.MAKE

さすがにメイクのプロが話しているだけあって、それ以外にもおすすめのコスメレビューも沢山掲載されているのでとても参考になると思いますよ。

ちなみに最近では色々な面白フェイスパックが出ているみたいですね。アメリカの伝説ロックバンドのKISSフェイスパックや少年ジャンプで長期に渡って人気を誇る連載漫画ジョジョの奇妙な冒険の中に出てきた石仮面をモチーフにしたマスクパックです。

調子に乗ってJOJO第三部の空条承太郎のスタントであるスタープラチナのフェイシャルパックなどですね。ちょっと使ってみたいとも思っちゃう自分もいますね、わはは(笑)

一心堂本舗JOJOフェイスパック

夏だけじゃない!秋の日焼けにも要注意です!

秋の日焼けは、夏に比べると随分とケアしなくていいと思っている人がいるかもしれませんが、実は本当に怖いのは秋に紫外線を浴びる事かもしれません。というのも、夏の日光浴や海水浴、プールに行ったりと少しでも日焼けをした方は、その日焼けした部分は肌のダメージを溜めていることになります。

そこに、秋になってさらに紫外線を受ける事でシミなどの肌トラブルの原因になります。そこで、その対策としては私個人のやっていることはまずはビタミンCを多くすくむレンコンを毎日取るようにしています。レンコンのビタミンCは熱にも強いので分解されにくく、肌までいきわたることができるようです。

レンコンって、なかなか取り難い食品の1つだと思うのですが、例えばレンコンサラダにしても美味しいですし、スーパーに行けば水煮されたものがパックになって売っていますので、それを使っても手軽に摂取できると思います(ただし、私個人としては水煮も国産のものしか買わないようにしています。)

秋の肌ケアのもう1つとしては、できるだけ長袖、長ズボンを着るようにすることも対策のひとつです。少し熱いのですが、涼しい素材の麻などのもので長袖・長ズボンにしています。夏は目には見えませんが肌のダメージがたまっています。そのダメージのたまった状態にさらにダメージを受けないように、できる事から毎日のケアをすると、何年後か先の肌の質が違ってくるかと思います。もちろん、晴れた日で日差しが強い秋の日には日焼けクリームがおすすめです。

ガンコな大人ニキビに悩みました

高校、大学も含めてニキビで悩んだことはありませんでした。
しかし、就職して一年ほどたったころから、頑固な大人ニキビが繰り返し繰り返しできてしまい、鏡を見るのも苦痛な時代がありました。

職場はストレスフルな環境で、胃がキリキリと痛むこともしばしば。
胃カメラを飲んだこともありましたし、吐き気を催すことは日常茶飯事。
そんな状況で、まず生理不順がひどくなりました。半年も来なかったと思ったら、一月に二回も来たり・・・。
とにかく、体のバランスがひどく崩れている実感がありました。

そうこうしているうちに、口の周りや顎のあたりに白い膿を持った大きなニキビが大量発生。気になって潰しても次から次へとできてくるカンジ。潰したニキビはシミになり、その周りにまたニキビができるという悪循環。
とにかくニキビを治そうと必死に洗顔したり、化粧水をつけたりしたもののひたすら悪化するばかり。
鏡を見るたび泣きたくなりました。

結局、退職するまでの6年間、ニキビに悩み続けました。
退職すると、ストレスから解放され体調不良は改善しました。しかし、ニキビは治りません。

友人の紹介で、美容皮膚科に通うようになってやっとニキビもスッキリキレイに治りました。

やはりニキビは顔の皮膚だけの問題だけではなく、内臓疾患が影響しているのだと実感です。
かといって、内臓が治ったからと言ってニキビは治らない・・・。本当にニキビは厄介です。
そして、顔にできるから悩みはますます深くなります。
人は見た目じゃないという人もいるけれど、女性ならやはりきれいでいたいというのが本音。ニキビに悩んだら、まずストレスや内臓疾患など原因を取り除き、適切な治療をするというのが一番だと思います。

肌は化粧品を選びます

"化粧品を試すの好きで、カウンセリング化粧品、通販化粧品、ドラックコスメなど
なんでも試してきました。

基礎化粧品を重視しています、いくらファンデでカバーしようとしても限界があるので。
CMでとろみを売りにしていて安い物もありますが、
表皮だけ潤って浸透して行かないんです。
一概には言えないのですが、安い化粧品はそれなりだと思います。

一番気に入っているのはC’BON化粧品です。
フェイシャリスト ファーメントパウダー(酵素洗顔料)とトリートファームS(洗顔)で洗うと
顔の角質が取れ肌色が明るくなり、デュアルモイストローション(化粧水)をするだけで肌がしっとりします。
でも値段が高いので私には普段使いはできないので、もっと買い安いものを選んでます。

資生堂でWEB限定トライアルセットで試してから購入することもあります。
エリクシールやdプログラム、IBUKIのスターターキットなど

IBUKIは肌に張りを与えてくれて毛穴が目立たなくなって
コラーゲンドリンクを飲まなくても大丈夫になりとても気に入っています。

高価な基礎化粧品を使ってみたい

"まず、ネイルサロンに行って手におしゃれなジェルネイルをしてみたいです。10代の学生の頃にマニキュアを塗ったり、ちょっとしたネイルアートを自分でやってみたことはありますが本格的なジェルネイルなどはやってみた事がないからです。子どもが生まれる前は食品工場で働いていて爪を伸ばしたりマニキュアを塗ったりするのは禁止だったし、子どもが生まれてからは子どもに触れるのにマニキュアなどな塗らない方がいいと思うから塗っていません。高価だからネイルサロンに行く事は無理です。だからお金があれば一度、挑戦してみたいです。
次に高価な基礎化粧品を買って使ってみたいです。テレビCMなどでとても美しい女優さんの姿を観て高い効果が期待できそうだから使ってみたいなと興味があるのですが高価過ぎてとても手が届きません。できれば化粧水、乳液、美容液、ナイトクリームといった感じで自分に必要な物をフルセットで揃えて、惜しみなくたっぷりと使ってみたいです。"

買うのを躊躇う高級化粧品は五千円くらいから

"高級化粧品といえば、以前は一万円台くらいのものをイメージしていましたが、最近は逆に安い化粧品も結構増えてきて、ドラッグストアなどでもよく見かけるようになりました。
私もそうですが、まわりでもプチプラのコスメなどを使用する人は多いと思います。
安かろう悪かろうのイメージが横行していた以前は、あまりに安い化粧品に手を出すのはいやな感じがしましたが、最近では信頼の置ける大手メーカーなどの参画により市場規模が広がっていますし、メーカー名を見てそれを手にする人も多くいると思います。
高級化粧品がなくなったかといえば、コマーシャルなどではよく拝見します。
女性にとっては高級化粧品は憧れで使用したいものですが、けれど日用品にそれだけの値段をかけるということはあまりしなくなりました。
安くても品が良ければ、値段重視で化粧品は特に選ぶようになりました。
今では寧ろ高級化粧品というハードルが下がって五千円以上でも高いのではないかなと感じるようになりました。"